月乃音

引っ越して はじめての帰省です。

たった五ヶ月、されど五ヶ月。

 

大きく変貌を遂げた大阪駅で、早速迷子になりました。

 


久々に訪れたのは、阪急 芦屋川。

駅を出て、閑静な住宅街の中、

長い長い坂道を登っていきます。

 

 

古い白いマンションの一室で催されている

中国茶のお教室、 月乃音

    

 

今日はあいにくの曇り空で残念だったけれど

大きな窓から大阪から神戸までを一望できます。

 

明るい白い部屋には

すてきな調度品や緑が置かれ、

気持ちよいその場所は

よい風の通り道があるように感じます。

半年振りのお教室

 

今回は 陸羽という方が書かれた

茶経の 六之飲 の解説と、

三種のお茶をいただきました。

 

霍山黄茶 二種

鳳凰単欉 桂桃香

写真は 鳳凰単欉と紅玉林檎の蜜氷

 

 

 

 

中国茶って、奥深い

と思っていたけど、

 

習ってみると本当に本当に、ほんとうに奥深い。

 

毎回ここでいろんなお話しを

きかせていただいて、

さまざまな色と香りと味を

教えていただいても

私にはその繊細で壮大な中国茶世界を

それこそ覗くところまでもいかず、

 

ただ美味しいな、

と感じて幸せな気分になるだけ。

 

乃月先生、

お茶の知識も淹れ方も成長しない生徒です。

ごめんなさい。