今年のさくら

島根に暮らすようになって、今年がはじめてのさくらです。


 

ちかくの神社に行ってみたら、驚くほどのド迫力でした。

 

両側をさくらがならぶ参道を車で走り抜けると、

 そこは別世界。

 

いままでもさくらの名所といわれる所には

いくつか行ったことがあるけれど、

こんなところは初めてです。


とても広い場所に数え切れないくらいの木々は

剪定されることなく、大きく、高く、広々と枝をのばして、

見上げれば、まるでさくらの天井。

満開を少し過ぎた花びらは、風にはらはら

床はうす桃色の絨毯。

 

赤い鳥居が坂道に続き、ノスタルジックな「桜まつり」の灯篭がならび、

こんなにみごとな風景なのに、誰ひとりいない。

 

まるで長い間、時間がとまっているかのような不思議世界。

 

こどもの入園式は、残念ながら雨にふられたけれど、

ステキなさくらでいい思い出になりました。