about aromatheraphy

アロマセラピーについて

アロマセラピーをご存知ですか?

「香りで癒される」というイメージから、気分を変えるものとか、

「トリートメント」という言葉から、エステと同じと思われる方もいらっしゃるかもしれませんね

 

 香りの成分「精油」を、嗅ぐことで脳に働きかけ、皮膚から吸収し、本来ひとが持つ 自然治癒力 を引き出し、健康の維持・増進を促す ことがアロマセラピーです

 

アロマセラピーはもともと医療の面で発展してきました

1920年代にフランスの化学者 ルネ=モーリス・ガットフォセにより 精油が傷の治療に使えることが発見され、その後様々な研究が繰り返され現在では、フランス、ドイツ等ヨーロッパの国々で医療としてのアロマセラピーが確立しており、専門家により治療を目的として精油を薬剤として処方しています

 

アロマセラピーは、人の心や体の健康に役立てる為に、精油(植物から抽出された有用性のある成分:エッセンシャルオイル)を利用した療法です

植物の香りを嗅ぐことで、その成分を吸入し、またトリートメントで肌から吸収し様々な不調を改善へと導きます

 

 

注意;

 

※現在の日本では、アロマセラピーはリラクゼーション、エッセンシャルオイル(精油)は雑貨として位置づけられています   

※アロマセラピーは医療ではなく、エッセンシャルオイル(精油)医薬品ではありません

 

 

 


 about essential oil

エッセンシャルオイル(精油)について

エッセンシャルオイル(精油)とは植物の中にある天然の物質で、その成分の違いや構成の比率により香りや特徴が異なってきます

 

精油は植物から抽出された薬効成分の集合体で、多くが加熱することで蒸気に揮発成分をとりこみ抽出され、現代の薬のルーツ(※1)となるものです。 

その成分は複合的で作用が穏やかな為、副作用や薬剤耐性が起こりにくい といった特徴があり、継続可能な調整作用を持ちます。 

アロマセラピー発祥の国であるフランスやドイツ、イギリスなどでは医療・医薬品として取り扱われています。(※2)

 

※1技術の進歩により、特定の薬効成分のみを抽出したり、合成したものが現代の医薬品です。

※2日本では法律上 これらの取り扱いを、医療および医薬品として認められていません。アロマセラピーは治療ではありません。

 

注意;

 

※エッセンシャルオイル(精油)は高濃度の成分の集合体です。 決して口に入れたり、原液をそのまま使用せず、必ず希釈して適切な量を守ってください

※エッセンシャルオイル(精油)は医薬品ではありません

※一般にアロマオイルと呼ばれているものは、必ずしも100%天然のエッセンシャルオイル(精油)をさすわけではありません ご注意ください


 about treatment

トリートメント(タッチケア)について

人の肌はとても敏感です

嗅覚と並んで触覚はひとが生まれてすぐに使われる感覚で

快・不快をはっきり感じ取ります

これは「皮脳同根」という言葉の示すとおり、皮膚は脳と同じ部分から発生したしており

脳神経が持つ情報伝達受容体と同じ機能を持つ為だといわれています 

 

やさしく触れて適度な圧をかけることにより、白血球の数が増え、オキシトシンの分泌を促し、

ストレスによるイライラや悲しみ、怒りの感情を和らげ、心地よい幸福感をもたらしてくれます

 

「肌にやさしく触れ」 て 「脳(こころ)にやさしく触れ」 る のがトリートメント(タッチケア)です